ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。立憲民主党の杉並区議会議員・東京都議会議員選挙公認予定候補の関口健太郎です。
杉並区議会議員の前は、元厚生労働大臣である長妻昭衆議院議員の下で、学生時代から長期にわたって秘書として働いてきました。
私は現在、杉並区議会議員の二期目で高円寺南に妻と令和元年生まれの娘とともに三人で暮らしています。
上京してから本日に至るまで杉並区の高円寺北、高円寺南に住んできました。 妻との結婚を期に、引っ越しを考えましたが、二人での新しいスタートも杉並で始めることにしました。大好きな杉並に住み続けたい、そう思ったからです。
生活していく中で自分たちの未来のことや、子どもの未来も考えるようになりました。 未来は明るいと信じたい一方で、色んな不安も感じました。 私たちが生きる十年後、二十年後、社会はどうなっているのか。 私たちが住んでいる杉並はどんなカタチをしているのか。 これから生まれてくる子どもや、私の子どもは、どんな社会を生きていくのか。そんなことを考えていくうちに、今後もずっと住み続けたい町「東京」「杉並」のために、そして不安を抱えている人たちのために、汗をかきたいと素直にそう思うようになり、政治の道を目指しました。

新型コロナウイルス感染症により、「脆弱な社会」が明らかになりました。東京は、日本の首都であり、日本一の大都市ですが、感染症対策については、都市としての脆弱さが明らかになりました。東京の医療行政や感染症対策である公衆衛生をより強固なものにしていかなければなりません。また過度な「自己責任社会」により、多くの方の仕事や生活が窮地に立たされています。なんとしてでも、こうした社会の流れを変えていかなくてはなりません。

長妻昭衆議院議員の秘書として学んだ政治哲学と、杉並区議会議員としての地域に根ざした経験を、東京都議会や東京都政に反映させていきます。ぜひ 皆さんの力を貸してください!